兄弟間で実家の売買をするために不動産鑑定士に依頼した

実家の相続問題は無事に解決できました

実家の権利は父の介護を長兄の家族がやっていたということもあり、均等ではなく長兄が多めに権利を持つことで合意していました。
だから、不動産鑑定士から伝えられた鑑定評価額をもとに、いくらで取引をするのかはすぐに合意できました。
でも、その支払いについて、分割にして欲しいという長兄と一括で払って欲しいという残りの二人との対立でかなり揉めました。
確かに一括での支払いが大変であることは確かだけど、分割にしてしまうと兄弟同士の馴れ合いで最後まで支払われるかどうかが不安です。
そうした金銭トラブルで揉めれば、絶縁する可能性だってあります。
それならば、大変でも一括で支払ってもらったほうが良いです。
そもそも、相続の割合では妥協をしているのだからこれ以上は譲りたくはありませんでした。
そうして競技が何度も繰り返され、さすがに2対1という状況をひっくり返せなかった長兄が、一括での支払いに応じてくれました。
そうして実家の相続問題は無事に解決できました。

【公務員資産形成の2本柱】

①つみたてNISAとiDeCo、長期・複利で増やす。

②不動産投資による生保、年金準備、退職金代わり。
途中で売却益も狙える。
経費計上ができ、節税可。


区分マンションは家賃保証をつけて空室対策。
もちろん23区内、駅近で二重対策。


2本柱でプロフィールの状態ができます。

— なお@公務員の肩書きを持つおてがる投資家 (@katachi1030st) April 9, 2021

不動産鑑定の依頼をすることに実家の正しい価値を「不動産鑑定」で評価していきます実家の相続問題は無事に解決できました